軽自動車 任意保険

各社一括比較でまずは相場を知るのが安心のコツ

軽自動車の任意保険の相場を見たことがありますか?
実際に各社の保険料を比較すると想像以上の違いに驚かされます。

     ◇軽自動車の任意保険料 一括見積もり比較例◇

         AA損保  31,620円(代理店型)    CCダイレクト  18,910円(通販型)

         BB海上  28,930円(代理店型)    DD損保    16,670円(通販型)

 【条件】
 5ナンバー軽自動車,10等級,初度登録H20年1月,ゴールド免許,東京,30歳未満不担保,夫婦限定,日常・レジャー,走行距離3000km未満,対人:無制限,対物:無制限,人身傷害:3千万円,搭乗者傷害:なし,車両保険:なし

この例では同じ条件で金額にして最大約1万5千円の差、率にしてほぼ2倍に近い差が出ています。

任意保険料の各社の違いを知らずに加入・更新すると、
軽自動車の維持費の安さが任意保険で消し飛んでいるのかもしれません。

軽自動車の保険こそ相場の様子を知っておきたいものです。

一括見積もりは簡単な入力でスピーディーに複数社の保険料見積もりを知ることができます。

利用は無料ですが電話勧誘や対面勧誘を受ける心配もありません。
毎年80万人以上もの人が利用している安心の無料サービスです。

エコな軽自動車、一括見積もりで保険もエコノミーにしてしまいましょう。


すすめられた任意保険がそのままになっていませんか

軽自動車購入の時に販売店のすすめで契約する任意保険は百パーセント代理店型保険です。
車販売店自身が代理店であり、保険料の10〜20%と言われる代理店マージンがあるからです。

保険料が高いと感じたらまずは今の保険が代理店型か通販型かを確認してみましょう。
通販型なのに保険料が高い場合は、車両保険加入、年齢条件チェック漏れなど必ず原因があるはずです。

※次の通販型8社に該当しなければ代理店型です。⇒⇒アメリカンホーム|チューリッヒ|アクサダイレクト|三井ダイレクト|そんぽ24|ソニー損保|SBI損保|イーデザイン損保

確認ができたらあとは各社を比較して今より安い保険会社を選ぶだけです。

「安い任意保険はいざという時不安」などという根拠のない噂を気にすることはありません。
不安どころか、むしろ安い通販型の方が事故対応などの顧客満足度が高いのです。
(※通販型が軒並み上位にランク ⇒⇒ 2012年版オリコン顧客満足度ランキング

各社の保険料の比較は無料一括見積もりで簡単に行うことができます。

もっと節約を…加入条件の見直しポイント

今の任意保険が自分で選んだものでないなら、
切り替え先の次は加入条件をチェックしてみましょう。

■「家族限定」にできないか

  家族の利用がほとんど家族限定割引にする

■最若年の運転者の年齢

  <例>年下の妻が30歳を超えた年齢条件を30歳以上にする

■車両保険のタイプ、免責金額

  フルカバータイプ「エコノミー+A」や「エコノミー」に切り替え
  免責金額 0−0円5-10万円(自己負担一回目5万円、2回目以降10万円)に切り替え

  ※車両価格の低い軽自動車は車両保険を省くことも選択肢になるでしょう。

■対物賠償の限度額

  無制限限度額を5千万円、3千万円などに切り替え

  ※対人と違い車体の軽い軽自動車に「対物無制限」はオーバースペックかも知れません。

■セカンドカー割引

  軽がセカンドカーであればセカンドカー割引が受けられる。

このほか、免許証の色、安全装置の有無、年間走行距離、インターネット加入割引などの節約ポイントがありますが、これらは一括見積もりによってあなたの条件が見積もりに反映されます。

チェックが済んだら、新条件でまずは各社の比較です。


※軽自動車の話題から
コンパクトカーはローンで購入する割合が高いそうです。
ということは軽自動車もローンで購入する場合が結構多いのかもしれません。
中にはローン中の車を売却するケースも。
でも値落ちの小さい軽ならローンを売却額で清算するのも楽なのかもしれません。

一括見積もりの入力は難しくありません

一括見積もりの入力は誰でも簡単に行なえます。

保険証券 免許証 車検証 を手もとに準備します。

案内に沿って入力を行い、5分から10分程度、長くても15分ほどで入力を終えることができます。

入力が間違ってもどこが間違ったかがわかりやすく戸惑うこともなく進めるので、思ったより短時間に入力を完了できます。

◎入力の流れ

@「車のメーカー」をクリックしてスタート
A車検証を見て「車名」「形式」を選択
B保険証券から現在の自動車保険情報、契約者の名前・住所を入力
C希望する補償内容を入力
D入力内容を確認して完了

通常翌日には各社の見積もり・概算がメールで届きます。

加入条件や補償内容を変更したい場合は、事前に変更内容を決めておきましょう。
たった1社分の入力で複数社に見積もり依頼が行われるのが一括見積の最大のメリットです。


<自動車よもやま話>
普通車と違って年数がたっても値段が落ちが小さい軽自動車は、売却する時には注意が必要です。
軽自動車を査定・売却する際は、下取りに出すのは避けて、まずは一括査定で各社の査定額を競争させてみましょう。
それだけで中古車市場での軽の人気がわかると思いますよ。

軽自動車の任意保険 節約法のポイント メニュー